国立能楽堂

今日は、午後から休みを取って東京へ出てきました。秋葉原を散策して、渋谷の楽器店で目の保養し、夕方に国立能楽堂へやって来ました。お客様と待ち合わせで、狂言と能の鑑賞です。狂言には、野村萬斎さんが出演していました。平安神宮で、薪能を一度見たことがありますが、何を言ってるのか、勉強不足でく理解できなかったのを思い出します…今回は、狂言5割、お能1割ってとこでしょうか。何かって、理解できた割合です…

しかし、能楽堂の空気感はとても荘厳で、ミージカルと違い、素晴らしい雰囲気でした。こんどは、歌舞伎をみてみたいな!

入口が解らなくて裏手に回ってしまい、楽屋入口を発見!